システムエンジニア向けの資格の特徴

サイトマップ

トップバナー

システムエンジニア向けの資格

社内を歩く

初級シスアドや基本情報技術者

国家資格にはたくさんの種類があり、その中にはシステムエンジニア向けの資格もあります。 システムエンジニアになる為に、資格が必要というわけではありません。 履歴書に書く項目が増えるくらいです。 なぜなら、資格取得が直接業務に役立つわけではないからです。 それでも国家資格の取得を目指してる人は多いですから、そのいくつかを紹介しましょう。

基本的なのは、初級シスアドや基本情報技術者ですね。 専門学校生などが最初に取得するようです。 それから、上級シスアド、情報セキュリティアドミニストレータ、テクニカルエンジニアなどへステップアップします。 どれも専門的な知識が必要となります。 システムエンジニアの仕事をしているからといって、勉強しなくても受かるというわけではありません。

イメージアップ

持っている方が有利だし好印象

情報処理関連の資格は、IT技術の変化に伴い少しずつ変化しています。 これからもそれは続くでしょう。 現代の技術がどのような方向性を持っているのかを見極め、取得する資格を選ぶようにしましょう。 もし就職することが視野にあるのなら、資格は持っていないよりも持っている方が有利だし好印象です。 そのために通信教育を頑張っている人もいるのです。

学生にとって、システムエンジニアの仕事はどんなものか見えにくいものです。 システム全体を構築するための仕事とで、プログラマとは違います。 ですから、言語の勉強をしなければならないわけではありません。 しかし、プログラムの経験は将来の役に立つのは間違いありません。

資格の本質

どんな資格も、“持っていれば仕事が来る”、“仕事が出来る”ということではありません。 取っておけば信頼度が上がるし有利という肯定派と、資格取得に時間を割くなら専門書を読んで実務をしろという反対派の両方います。 実際に就職や転職に有利かというと、それは微妙なところです。 条件が同じ人材が並んだ時、判断や比較の材料になるくらいです。
勉強する女性

国家試験は基本理論をベースにしているせいか、勉強した人が取得できて、実務でバリバリやっている人が取得できないことがあります。 過酷な業務下で“勉強時間”の少ない実務経験者が、学生などの机上の勉強に負けてしまうのです。 そんな資格が有利なのかと考えてしまいますが、全くの無駄でもありません。 取得のための勉強は、実務経験者なら基礎から見直す良い機会です。 実務下では見逃していたグレーな部分が明らかになり、弱かった土台の強化に繋がるからです。 また、人に教える時にポイントを押さえたものを教えることができるようになるでしょう。人に教えるようになると、自分がさらに勉強できるようになります。自分でわかっていた つもりが実はわかってなかった、という部分が良く見えてくるのです。これはシステムエンジニアだから、というわけではなく、どんな分野にも言える 共通点でもあります。

システムエンジニアの職務内容の基礎知識