ITとシステムエンジニアは厳密に分ける事が困難

サイトマップ

トップバナー

ITとシステムエンジニア

チーム

チームとしてのスキルも必要

IT関連の技術の進歩は目まぐるしいです。 その中で働く人たちには高度なスキルが要求されます。 システムエンジニアはコンピューターシステム全体を構築する仕事を担っています。 多くの会社がITシステムを導入しているので、システムエンジニアの仕事は途切れることなくあると思います。

個人的なスキルも重要ですが、チームとしてのスキルも必要になります。 一人でできる程度のシステムであれば問題ないのですが、ほとんどの場合はシステムエンジニアが構築したシステムを保守する人は違う人になることが多いからです。 同じ企業内でそれらを行うこともありますが、保守・運用は別会社に依頼するケースも少なくありません。 誰もが使いやすいシステムを望まれます。

話す女性

将来は明るい業種

もちろん、それぞれのシステムは業種によって変わって来ますし、発注した企業の独自性が現れます。 システムエンジニアになりたいのなら、まずはIT関連を知ることです。 学校で教わっていることだけで到底足りません。 もちろん、学校を卒業したばかりの新人にすぐに仕事ができるようになれとはいいません。 IT関連以外の仕事でも同じことですね。 インターネットで求職情報を覗くと、多くの募集があると思います。 将来は明るい業種であるのは間違いありません。

ITコンサルタントとSEの違い

厳密に分けるのは難しく、お互い重なっている部分がたくさんあります。 システムエンジニアは要望に沿ってシステムを開発し、システム構築で企業を支援します。 ITコンサルタントは、顧客ニーズとシステム上において可能なことを調整しつつ、企業の経営課題を攻略することが要求されます。 それでは、ITコンサルタントとシステムエンジニアの違いを見ていきましょう。
がんばる人

ITコンサルタントは企業の経営問題に対して、IT(情報技術)を持って解決策を練り、支援を行います。システムの設計・構築に入る前までの議論・決定事項・プロセスありきの「システムの具体像」を行います。 プロジェクトマネジメントもITコンサルタントの仕事の一環なのです。 一方システムエンジニアは、企業が抱える課題を、システムを構築することで解決・支援します。システムの要件定義から実際にプログラムを書き構築、納品業務が主なものになります。 必要なアプリケーション、ベストな製品、適切なプログラムなど選択していきます 。この際にもその企業に対して、どのプログラムが一番かなどを選択する力が必要になってくるのです。

システムエンジニアの職務内容の基礎知識