システムエンジニアのアウトソーシングと管理について

サイトマップ

トップバナー

システムエンジニアのアウトソーシング

ビジネスウーマン

企業にとって経費削減

コンピューターシステムを導入する企業が増えています。 古くなったシステムはリプレース、つまりシステムは常に管理しておかなければいけません。 その管理のための人をどのくらい確保するかは企業次第です。 管理を一括して外部委託することが多くなってきました。 そう、アウトソーシングです。 アウトソーシングを行う場合でも、企業の業務内容を把握しシステムの知識も保持している人が必要です。 こういった人が自社とアウトソーシング先を繋ぐのです。

アウトソーシングは企業にとって経費削減になります。 IT技術は日進月歩、古い技術は使えなくなってくるパターンが多々あるのです。 古い知識のみのシステムエンジニアは嫌がられます。 あなたがシステムエンジニアを名乗っているのであれば、日々の勉強は必要なのです。 新しい技術と知識と持つことによって、システム全体がよく見渡せます。

書類の山

どの部分を自分が担当しているのか理解しておく

システムエンジニアの業務は幅広いです。 営業的なものからプログラマーの仕事まで様々なのです。 その中のどの部分を自分が担当しているのか、理解しておくことが大切です。 それによってあなたの方向性が見えてくるからです。 コンピューターは増えることはあっても消えることはありません。 たとえ内部がどんなに複雑化しても、利用者が単純なシステムであるべきなのです。

問題点

企業で使われているシステムが古くなると、その保守が課題となります。 プログラム言語は時代に応じて変化するので、古いシステムの保守が可能な人が限られてくるのです。 高度な技術者であれば対応できるかもしれませんが、新人に古いシステムの管理を割り振ることは当人の将来からいって好ましいことではありません。 そのためにいつまでも同じ担当者がシステムを見ると言う現状が発生するのです。 これは日本中で起きていることなのです。
困っている人

2000年問題というものがありました。 当時、システム管理のために人員を増やしてる企業がたくさんありました。 その後、危機がなくなったのでシステムエンジニアが余ってしまいました。 企業が毎年のようにシステムをリプレースする必要がありません。 システムエンジニアのレベルは個人差があります。 若い人の方が技術の飲みこみが早く、今日はより明日、知識が増えていくことでしょう。 そうなると、中高年のシステムエンジニアの役割は管理職となっていくのです。

キーボード

しかし、多くのシステムエンジニアはシステムのことは熟知してますが、それ以外のことはからっきしです。 システムエンジニアの業務として、管理面のスキルは求められなかったからです。 これからの時代はどんな年齢であっても仕事を与えられるでしょう。 システムエンジニアとして、 最後まで現役でいることが望ましいですね。しかし退職、というのはいつかはやってきます。ますます進化し、知識が必要と なってくるシステムエンジニアの仕事に対して脳がついてこれなくなった時は残念ですが、引退の時になるでしょう。 体力勝負でなく、本当に頭脳勝負の職業ですので、年齢的にも早く引退する職業でもあります。

システムエンジニアの職務内容の基礎知識