専門学校では教えてくれない部分

サイトマップ

トップバナー

専門学校

エンジニアイメージ

IT関連全般の技術が必要

システムエンジニアは経験が重視されますが、前提に基本的な知識が必要です。 普通高校を卒業したばかりの人だと、システムエンジニアとして必要な知識はほぼないと考えてよいでしょう。 そのために専門学校などを選択する人も多くいます。 学校ではなく通信教育という方法もあります。 自分に合ったものを選びましょう。

システムエンジニアはIT関連全般の技術が必要です。 プログラム言語は最低でも1言語は使いこなしましょう。 その他にもデータベースの知識、ハードウェアに関すること、ネットワークに関すること等、少なくありません。 それぞれの知識の習得は当然ですが、、やはり実際の業務をしないとわからないことが多々出て来ます。 それは勉強不足というわけではないく、学校では教えてくれないことなのです。

学校イメージ

学校では基本の部分を学ぶだけ

どんな仕事も実務で初めてわかることが多々あります。 システムエンジニアの仕事も例外ではありません。 それからシステムエンジニア業界は技術の進歩が速いことで有名です。 出たばかりの技術がたった数年で世界中に広がっていることはよくあることです。 専門学校の授業がそのような社会情勢に合わせることはほとんどできません。 学校では基本の部分を学ぶだけと割り切りましょう。 そして基本を習得した後、応用は独力で習得するのです。 それが社会人としての勉強であると思います。

イメージ

仕事経験が少ない人にシステムエンジニアの仕事内容を説明するのは困難です。コンピューターシステムといえば何となくわかりますが、実際にどんなことをすればコンピューターシステムが出来上がるのか知らないからです。システムを構築することだけがシステムエンジニアではありません。企業によって仕事の範囲が変わってくるというのも、システムエンジニアの仕事内容を説明しずらくしてる要因のひとつです。
教える人

高校生ぐらいの時にシステムエンジニアになりたいと考える人は少ないようです。具体的なイメージが浮かばないからでしょう。それよりもプログラマーになりたいと考えてるようですね。プログラムを組むことは、学校の授業などでも経験している人が多いからです。

システムエンジニアを理解するためには、家を建てる時のことを想い浮かべてみるとわか りやすいでしょう。家を建てるためには、まず家の図面を書くための建築士がいます。また、どんな家にした いのかをユーザーと話していくアドバイザーの人がいます。予算と実際にかかる費用をすりあわせながら、家の形 を決めて行きます。図面が出来上がったら、必要な材料をそろえなければいけません。そして、実際に家を建てるの は大工さんで、壁は左官屋さんです。庭を造るのは庭師、照明は電気工事屋さんです。それぞ れの人がそれぞれの役割をこなして、やっと家が建つのです。そして、全体を管理し指示している親方がいます。そ れがシステムエンジニアと同じなのです。このように説明すれば、わかりにくいシステムエンジニアの仕事もわかりやすいのでは ないでしょうか。

システムエンジニアの職務内容の基礎知識