一人前になればより様々な仕事内容を行える

サイトマップ

トップバナー

様々な仕事内容

悩む人

いくつかの段階がある

一口にシステムエンジニアといっても様々です。 システム構築に関する諸々をやるのが仕事ですが、それにはいくつかの段階があります。 仕事を一人でやるか複数で分担するかによって、システムエンジニアの仕事内容は違って来るのです。 構築の初期段階はシステムアナリストといって、現状の調査と分析、必要とされる機能の洗い出しなどです。 この仕事のみしかしない人は、大手の企業に勤めていると思います。 それ以外の部分をやってくれる人がいるからです。

次に、機能を現実化するための設計をする人がいます。 ハードの構成やデータベースの設計などを行います。 こういった仕事はシステムエンジニアという感じがしますね。 それから、仕事全体の進捗や状況を掌握するための業務があります。 これはプロジェクトマネージャーといいます。 実務に参加するわけではなく、状況などの管理のみを受け持つことになります。 実際のスキルとは無関係で、自称システムエンジニアだとしても誰も気づきません。 スキルがわかりにくいからです。

スキルアップ

一人前になればシステム全体がわかるように

企業の一員として働いている限り、スキルアップのための努力をしましょう。 もちろんそれはたやすいことではありませんが、いつまでも下っ端でいるわけにはいきません。 経験値を上げ、新しいシステムを構築することができるようになり、一人前になるのです。 一人前になればシステム全体がわかるようになるでしょう。

病院のシステムエンジニア

最近の病院のカルテは、電子化されています。 そのせいで病院がシステムエンジニアを募集していることがあります。 病院で働いている人の多くがITシステムについて無知なのは、構築するのではなく利用する立場だからです。 システムエンジニアとして病院に採用されたなら、しばらくは安泰といえます。
病院イメージ

しかし、病院のITシステムは通常の企業のシステムとはかなり違いがあります。 けれど多くのシステムを構築した経験があるのなら、応用として活用できると思います。 ITシステムの構築の経験不足は、その応用の早さに出てくるのです。 つまりスキルレベルが同等だったとしても、スキルを使用しての新しいものを生み出す想像力を繰り広げなければいけないのです。

システムエンジニアがプログラマーよりも高度だとされているのは、このような背景があるからです。 もちろん、病院のシステムが特別複雑ということではありません。 システムを類型化すれば、見覚えのあるシステムになるはずです。 自分がこれまで学んできた技術を発揮し、システムの構築をしてみましょう 病院のシステムは24時間稼働なので、ダウンすると業務への影響がとても大きいといえます。 一人でシステムを構築するわけではなく、チームで仕事を分担するとよいでしょう。 複数の知恵と経験を集めて、更に良いシステムを構築することが目標なのです 。すでにあるシステムをそのまま使いまわせばよい、という簡単な仕事ではないのです。

システムエンジニアの職務内容の基礎知識