経験を積んだシステムエンジニアには経験値が必要

サイトマップ

トップバナー

経験を積んだシステムエンジニア

歩くビジネスマン

情報を収集することが大切

IT技術は同じものでも、構築されるシステムは企業によって異なっているのです。求人条件はよくなると考えていいのです。もちろん、すぐに先輩のようになれるわけではありません。システムにとって、本当に必要な情報を見分けなければならないのです。どのような仕事でも同じですが、若い時にはすべてをうまくこなすことはできません。

システムエンジニアとしてIT技術を持っておくことは当たり前ですが、それ以上の現場からの情報を収集することが大切です。あなたはどのようなシステムエンジニアを目指すのでしょうか。優れたシステムエンジニアであれば30代で転職することも可能です。そうすることによって、自分の将来が見えてくるかもしれません。あなたも最初に世話をしてもらう先輩のことをよく観察しましょう。

力こぶ

企業の考え方にも大きく影響される

システムエンジニアは経験が必要ですから、一番優れた人は30代と考えてよいでしょう。時には失敗することもあるでしょう。大きなトラブルでは新聞のニュースになることもありますね。それは目的が違いますし、企業の考え方にも大きく影響されます。システムエンジニアでも失敗します。

運用が始まったシステムがダウンすることはよくあるのです。若い人にシステムエンジニアのことを紹介しましょう。それは経験によって、どのような情報が重要なのかがわかってきます。そこまでの失敗は別としても、失敗を含めて経験することが大切です。しかし、30歳になるまでにはいろいろと経験を積む目標を立てることですね。

老システムエンジニア

自称“老システムエンジニア”の人がいます。 その名の通り、昔からシステムに携わった仕事をしてきた人です。 その当時はITと言う言葉が存在しませんでした。 基本的に若い世代の方がシステムエンジニアとして役立つことがほとんどです。 しかし、老システムエンジニアのことを侮ってはいけません。 経験値が必要になることはよくあることです。
キャリアのある人イメージ

特にシステムの場合は、一度構築されると10年、20年と使用されることも少なくありません。 古いシステムは、構築した当時の人間に聞かなければわからないこともあるのです。 若い世代には見たこともないような言語も存在します。 経験が豊富であれば、それだけ応用も利きます。 古い知識を使って新しいシステムを構築することも可能なのです。 停年を迎えるころにはシステムエンジニアとしての仕事をしていない人がほとんどですが、現役の人もいます。

あなたはいくつまでシステムエンジニアでいられると思っていますか。 パソコンを追いかける素早さでは、若い人に敵いません。 しかし、システム全体を見渡し、現場で必要とされる機能を探し出すのは経験者の方が勝っています。 多くの経験をしてきているからです。 失敗を次に生かすことによって、それがさらなる経験となるのです。 こ れはシステムエンジニアだけでなく、他の業種にもいえることなのです。どんなに経験を積んだ システムエンジニアでも失敗は必ずあるのです。

システムエンジニアの職務内容の基礎知識