システムの運用にはテストが大切

サイトマップ

トップバナー

システムの運用

トラブル対応

トラブル時にスキルが試される

想定していないケースもあります。自分が作ったシステムのテストでは見逃しの可能性が高くなりますから、それぞれ役割分担をして、リスク回避をすることが一般的です。理論としては正しいのですが、それを実践することは非常に難しいのです。もちろん、軽微なトラブルもあるでしょう。そこでシステムエンジニアのスキルが試されるのです。

テストで発見されるトラブルは当たり前のことと考えていいでしょう。優れたシステムエンジニアはこれら全体を見渡しながら、最適な作業構築をするのです。それがシステムと言うものです。多くのユーザーに影響するからです。その差は決して無視できません。

チェックする女性

トラブルが発生しないようにするにはテストを十分に

試験運用はうまくいっても、実際の運用になってトラブルが発生することはよくあることです。優れたシステムエンジニアはトラブルを素早く抑えることができるのです。ITシステムを構築したならば、運用が始まります。システムエンジニアの仕事の一つとしてシステムテストがあります。自分が作ったシステムに自信を持っていても、テストは必要なのです。

ソフトウェア工学ではどのようなテストをすれば予期しないプログラムのトラブルを見つけることができるかを考えてきました。人にミスはつきものだと言う考え方です。システムの規模が大きくなればなるほど、テストにかかる時間と労力は増えていきます。誰でも完璧なシステムを構築することはできません。運用になってトラブルが発生しないようにするには、テストを十分にやることです。

収入

仕事をするからには収入がどれくらいなのか知りたいですよね。

一つの統計がありますが、これは一例です。 平均年収は550万円、平均時給は2000円強という結果が出ています。 他の職業と比べると、地方公務員の一般職の平均年収は700万円ですから、それよりも低くなっています。 これは平均年齢が低いということが影響していると思います。

新人イメージ

システムエンジニアは若い年齢の方が働きやすいのです。 テレビなどでもシステムエンジニアっぽい仕事をよく見ます。 パソコンの前で徹夜などをしているイメージが浮かびませんか。 システムエンジニアの平均年齢は35歳、入社して10年目ぐらいです。 収入によって職種を決めることはないですが、自分が希望する仕事のことくらいは知っておきましょう。

もちろん、企業によって違いはあります。 職種よりも企業体質の方が重要になるかもしれません。 大学で就職活動をしていても、実際の仕事内容はほとんどわかりません。 就職して初めてわかることがほとんどなのです。 最近は転職をする人も多いので、一度の就職で人生のすべてを決めてしまうことはないのです。

システムエンジニアの職務内容の基礎知識