優れたシステムエンジニアが行う業務

サイトマップ

トップバナー

優れたシステムエンジニア

虫眼鏡

構築までの過程すべてを観察しましょう

システム構築から運用までがスムーズにいくことがシステムエンジニアの力量です。この作業ではシステムアナリストと呼ばれることもあります。現状のシステム分析から始まり、新しいシステムの要件などを整理していきます。どのような仕事をしていても、優れた人とそうではない人がいます。もちろん、優れたスキルを持っていても周りの人にわかるわけではありません。

あなたがまだ新人でシステムエンジニアの手伝いをしているのであれば、それ もよい経験です。分析が終わればシステムの設計に入ります。したがって、そのシステムエン ジニアが構築したシステムを見ることになります。完成したものだけではなく、構築までの過程すべてを観察 しましょう。優れたシステムエンジニアとはどのような人のことでしょうか。

多忙

システムエンジニアの仕事は幅広い

優れたシステムエンジニアはこれからが腕の見せ所です。スキルは随所で活用されているでしょうが、直接の結果には表れにくいのです。それを知るためにはシステムエンジニアの役割を知らなければなりません。手伝っている仕事の意味を理解することです。いかにトラブルなしで構築できるかということです。

ハードがある限り続くシステムも多いのです。しかし、優れたシステムは多くの人の作 業を効率化させ、長く使われていきます。必要な機能、不要な機能を明確に切り分けていくのです。その 差はどこから来るのでしょうか。漠然と面白そうな仕事だと思っているのかもしれませんが、システムエンジニ アの仕事は幅広いのです。というよりも幅が広すぎて、ある程度の知識がある人でないとシステムエンジニアの仕事の 概要を理解するのすら難しい、というほど大変なのです。

IT関連の専門用語は英語が多い

IT関連の専門用語には英語が多く使用されています。しかし、実務で英語が必要なわけではありません。

カタカナで書かれていることも多いですし、英語の本来の意味と違った用法となっている場合も多々あります。 システムエンジニアという言葉自体、日本で使われる時と英語圏で使われる時には少し違ったニュアンスです。

海外の人

もしシステムエンジニアを目指しているとしても、英語を学ぶ必要はありません。 もちろん、中学校、高校程度の英語力は習得すべきです。 専門用語は英語をそのままカタカナにしたものがほとんどなので、単語を知っておくだけでかなり違ってきます。 IT英語が必要なシステムエンジニアはほとんどいませんが、外資系の企業でシステム構築を海外の人と一緒にやるよう な場合は例外です。 日本国内で仕事する場合、そのような機会は滅多にありません。ただ先の通りに英語力はある程度必要になって きますし、能力があったほうが役に立ちますので、時間があれば英語学習もしたほうがよいです。

システムエンジニアの職務内容の基礎知識