システムエンジニアの役割と構築について

サイトマップ

トップバナー

システムエンジニアの役割

指さしする男性

職場によって大きく違って来る

IT関係を勉強している人はシステムエンジニアの役割を答えることができるのでしょうか。 就職活動をしてると、業種のことを調査します。 そして、システムエンジニアが何となく素敵な仕事に見えてくるのです。 けれどシステムエンジニアの詳細な仕事内容はどこにも出てきません。

インターネットの質問サイトや掲示板で、システムエンジニアのことを質問している人を見かけます。 自分がシステムエンジニアだと思っている人が、回答を書き込みます。 システムエンジニアがどのような仕事なのか、自分がどのようなことをやっているのかを教えてくれるのです。 システムエンジニアの正しい定義も大切ですが、職場での実務がどのようなものなのかということの方が遥かに重要です。 そして、それは職場によって大きく違って来るのです。

談笑するスタッフ

人数によっても作業内容が変わります

企業の大きさやエンドユーザーの業種などによってシステム構築が違ってきます。 また、人数によっても作業内容が変わります。 もちろん、新人だと手伝い程度のことしかやらせてもらえないでしょう。 人数が多くなると役割分担されるようになりますが、人数の少ない中小企業のシステムエンジニアだと、色んなことをする場合が多くなります。 システムの素案作り、ハードの購入、テスト、運用、保守、そしてプログラミングもやるのです。

プログラム

一般的には、システムを構築する人とプログラムを作成する人は別の人です。

システムエンジニアはプログラマーではありません。依頼主の課題を見つけて、システムとしてどう開発すれば課題が解決するか仕様・設計を考えます。そして、プログラマーにそれを伝えます。しかし、プログラムが書けなくても問題ないというわけではありません。

打ち合わせ

書けることが前提で依頼主の要望をシステム化できるかどうか判断したり、プログラマーが作っているものが問題ないかチェック・テ ストしなければいけません。スケジュール管理も仕事に入ります。いずれにしても、システムエンジニアなしにシステムの構築はあり得ません。 この点基礎知識になりますので、しっかり押さえておきましょう。このようにみていくだけでも、システムエンジニアの仕事の幅広さがわかるのではないでしょうか。

システムエンジニアの職務内容の基礎知識