システムエンジニアは多くの職務内容と基礎知識があることを知っておきましょう

サイトマップ

トップバナー

意外と知られていないシステムエンジニアの職務内容

システムエンジニアになるためにはその職務内容の基礎知識が必要不可欠です。ただ現状は、システムエンジニアを目指す人でさえ、その職務内容の基礎知識を持っておらず、漠然と「なりたい」と思っている方もたくさんいるほど、その職務内容は知られていないものです。 では、システムエンジニアの職務内容とはどのような物でしょうか?

アタッシュケース

システムエンジニアの仕事内容

SEと呼ばれることもあるシステムエンジニアの基礎的な職務内容はコンピューターシステムの立案や設計、開発などを行うことです。システムエンジニアの仕事内容は、システム全体の構築関連する作業で、そのシステムエンジニアの下でプログラマーやハードウェアの管理を行う人がいる、という構図になります。小さなシステムの場合は、システムエンジニアがすべてを任されて、職務内容を行うケースも多いようです。

予定表

職務内容とその構図

システム全体の運用を行っていく中で、シムテムエンジニアはプログラマーの人たちより、上位の仕事 を行うことになります。まずは、上記のシステムエンジニアの職務内容とその構図の基礎知識をしっかり押さえておきましょう。 これはプログラマーとシステムエンジニアの職務内容やそれを行っていく上で、必要な知識にもなってきますので、 このポイントはしっかりと押さえておきましょう。またプログラマーとしての技量は最低限になります。いきなりシステムエンジニアになれることは ほぼありません。

様々な知識が必要なシステムエンジニア

ノートパソコン

システムエンジニアの職務内容は依頼主の業種に沿って、依頼主にとって最適なシステムを構築することです。ただ、単にシステムを構築するといっても内容は多岐に渡りますので、その業種の基礎知識が必要になります。例えば、病院のシステムだけ組み上げてきた人が、急に建設業のシステムは理解できません。しかし、基礎知識として建設業界の仕事の職務内容や流れが頭にはいっていれば、問題なくにシステム構築が始められますよね。

このように、コンピューターの理解は当然ですが、システムエンジニアには業種の仕事内容や職務内容の基礎知識の理解も必要になります。何を求められているを適切に理解し、求められたシステムを実現するのがなのです。様々な知識を持っている方が、多くの状況で素早く対応ができるでしょう。 このように、システムエンジニアは各業種の職務内容の基礎知識をしっかりもち、状況に合わせた対応をする力も必要なのです。 パソコンの知識だけあれば、システムエンジニアになれると思っている人もいますが、職務内容によって多岐にわたり、 また詳しい知識や新しい知識が必要となってくるのも基礎的知識です。パソコンの最先端をいく仕事ですので、特に新しい技術や知識は必要不可欠な ものとなってくるのは当然なのです。一度システムエンジニアになれば、あとは同じ作業をこなしていくだけ、という誤解している人もいますが、 システムエンジニアになることはスタート地点です。そこから更にたくさんの勉強が必要であることを覚えておく必要があります。 常に新しくなるパソコンのシステムや技術を知り、それを導入するシステムに応用していくだけの力がないとシステムエンジニアとしては やっていけないのです。おわかりの通り、単にパソコンが好きだから、得意だから、という程度では無理なのです。そこに応用力や他の力も 必要になってくるのです。頭脳を使うお仕事に関してはよくあることではありますが、覚悟はいります。

発注者からのヒアリングが最重要

ヒアリングシート

最も大事なのは、初めの段階での依頼主とのしっかりとした検討とヒアリングになります。システムエンジニアは発注者の職務内容の基礎知識をあらかじめ持っておき、その発注者がどのようなシステムを求めているのかをしっかり聞いて理解し、それから詳細なシステムに進めなければならないのです。仕事内容のシステムのイメージが完成したら、機能やハード構成、ネットワーク構成や概算費用等様々なことを決めていかなければなりません。そして、システム全体のアウトラインを書いた仕様書、さらに細かいシステム設計書を作り上げていくことになります。

このように、システムエンジニアは依頼主の職種の職務内容の基礎知識は当然のこと、依頼主からの詳細なヒアリングが大事なポイ ントになってきます。それから、やっとプログラミング作業にはいるのです。ヒアリングや打ち合わせが不十分な状態で作ったシス テムでは、後でクレームとなる場合もあります。この段階でどこまでしっかりとした内容を依頼主から聞き出して詳細をまとめることが できるかで、システムエンジニアの腕がわかるともいえるのです。作業範 囲等もかなり変わってきます。実際、システムの構築からテスト、導入、運用まで、と 相当幅広い業務になるケースもあたり前にあるのです。単にシステムを作るだけ、というイメージを持っている 人も多いのですが、運用などのアフターケアまでしなければならない場合も多くあります。完璧にシステムができたつもりでもバグやエラーが でることは頻繁にあります。

プログラマーのためのシステムエンジニアの作業

階段を上がる男性

システムエンジニアの職務内容には、プログラマーの仕事であるプログラミングに必要なものを全て揃えてあげることもあります。それがなければプログラミングができないからです。 よりスムーズにプログラムを作成しやすいシステムを作ってあげることが必要なのです。

システムエンジニアの職務内容で直接プログラミングをすることはほぼありませんが、プログラミングの基礎知識はもちろん応用知識は必要です。それがないと、プログラミングする側の立場を自分で想像しながらシステム設計できないからです。 このようにシステムエンジニアの仕事内容は単に「システム構築」と言ってもプログラマーのことまで考える力も必要なのです。

プログラマーからSEへステップアップ

多くの場合、はじめはプログラマーとして働き、そこからSEになる人の方が多いようです。理由はこれまで説明した 通り、プログラマーのことまで考えたシステム構築や設計の知識や技術がシステムエンジニアには必要になって くるからです。特にソフトウェアの会社ではこのケースが多いようで、実務経験を数年積んで、システムエン ジニアになれるようです。中にはいきなりシステムエンジニアになれると思っている方も多いですが、システムエンジニアになるには プログラマーとしての基礎知識が必要にもなってくるのです。プログラマーとしての知識がなければ到底無理と言えるでしょう。

システムエンジニアの職務内容の流れの復習

さて、ここでシステムエンジニアの職務内容の流れの基礎知識を復習してみましょう。

1.ヒアリング 顧客から「何を作って欲しいか」をしっかりと聞き出し、職務内容のイメージを完成させます。

ネクタイをしめる男性

2.デザイン(システム構築) 機能やハード、ネットワーク構成をし、システム全体のアウトラインを書いた仕様書や詳細なシステム設計書を仕上げていきます。

3.テスト、納入 システム完成後、誤作動はないか、設計やヒアリング内容通りのシステムになってい るか等をテストします。これが完了して不備がなければ、顧客にシステムを納入します。このような3つの流れを通して一つのシステムエンジニアの職務内容 が進んでいくことを基礎知識として押さえておきましょう。簡単なようで、やはり複雑なの がシステムエンジニアという仕事なのです。プログラマーからシステムエンジニアになるには、才能も必要だとも 言われている位なのです。また才能があるからと言って楽ができる仕事ではありません。常にその才能を発揮しなければもたない仕事とも 言えるでしょう。そして才能があってもその才能をさらに鍛え、次々でる新しい技術を身に着けて、仕事の場でミスなく発揮していかないと いけません。

システムエンジニアを目指す人達へ

プログラマーのことまで考えたシステムを作り上げていく
仕事する人

これまで、システムエンジニアの職務内容の基礎知識や流れ等をご紹介してまいりましたが、相当難しい職業だと思われたかもしれません。システム構築、と単にパソコンの知識だけでなく、 幅広い業種の職務内容の基礎知識やプログラマーのことまで考えたシステムを作り上げていくシステムエンジニア。 しかしパソコンが好きな方にとっては是非目指したい職業ですよね!これまで説明してきた内容をご参考にして、是非頑張ってください!! きっとあなたなの頑張りがシステムエンジニアへの将来へと導いてくれるはずですよ!